土壌の改良に

1.使っているうちに、割れたり,小さくなったりして、扱いにくくなったりしたものを砕いて粉にします。

2.その粉を、畑,花壇,植木鉢などの土にまきます。効果的な土壌改良ができます。

続きを読む »

空気をきれいに

1.「ご使用になる前に」の手順1~3を行います。

2.車の中や部屋に、短めの炭を2~3本置くのが目安です。
広さにあわせて量を増やします。
空気の浄化や温度調整に役立ちます。

続きを読む »

冷蔵庫のイヤな臭いを取る

1.「ご使用になる前に」の手順1~3を行います。

2.短めの炭を2~3本置くのが目安。大きい冷蔵庫では各段に。

3 .週に一度取り出して、乾燥させれば、繰り返し使用できます。(食器棚、下足箱にも)

続きを読む »

湿気を取る

1.「ご使用になる前に」の手順1~3を行います。

2.流台の下、タンス、押入などに、短めの炭を2~3本置くのが目安です。

続きを読む »

水をきれいに

1.「ご使用になる前に」の手順1~3を行います。

2.花瓶や金魚鉢のなかに短めの炭を2~3本入れます。
水を替える回数が少なくて、大丈夫です。

続きを読む »

お風呂を温泉気分に

1.用意する炭は、普通の家庭用浴槽で、1~1.5㎏(直径3cm×長さ20cm位のもので5~8本)が目安です。

2.「ご使用になる前に」の手順1~4を行い、炭の汚れを取ります。

3.きれいになった炭は、洗濯用のネットや適当なカゴなどに入れ、浴槽に入れます。
炭のかけらが気になるときは、布袋に入れると安心です。

4.入浴後は、炭をお湯から取り出し、水を切ります。
ネットやカゴ、布袋の場合は、そのまま浴室にぶら下げておきます。

続きを読む »

おいしいご飯を炊く

1.「ご使用になる前に」の手順1~3を行います。

2.普通に米をといで水をいれ、短めの炭(10cm位までのもの)を1本、炊飯器に入れてごはんを炊きます。

3.ごはんがなくなるまで、炭は入れておきます。保温時の臭いもなくなります。

4.使用後は、洗って水を切り、風通しの良いところで乾かします。乾かした炭は、そのまま次に使います。

続きを読む »

おいしい水をつくる

1.下記の「ご使用になる前に」の手順1~4を行います。

2 .冷水を入れた容器のなかに、炭を入れます。
水1リットルに対して炭を100g(直径3cm×長さ10cm位のものが1本)が目安です。

3 .半日~1日つけておきます。冷たくして飲みたければ冷蔵庫に入れておきましょう。
水出し麦茶などのパックと一緒に入れないこと。

4 .一週間ほど使った炭は、汚れを除くため週に一度は煮沸し、よく乾燥させます。
できれば天日干しにしてください。

続きを読む »